アレンジレシピを見て

サッポロ一番の塩ラーメンのアレンジレシピを見て、ぜひ試してみようと思いました。
電子レンジでカルボナーラがつくれちゃうよってやつです。
茹でるのよりも時間がかかるのが難点ですけど、鍋を洗う必要もないしカルボナーラは好きなので試しますよ~。
ただ、以前付き合っていた人がサッポロ一番塩ラーメンが一番美味しいと言っていたことを思い出しちゃいました。
黒歴史とは言いませんけど、なかなかハードはお付き合いだったので思い出深いです。
チキンラーメンの汁をとってそこに卵黄を入れて混ぜると、カルボナーラ!ってのをやりましたけど、まずくはないけど、何回も食べたいと思うものでもなかったです。
でもこっちは期待が出来そうなのでさっそく試します。

あまるあまるあまる

ロングスカート、いや、スカート風のやつをとうとう買ってしまいました。
流行には流されない自信があったんですけどね。(笑)
しかし!やっぱり!
低身長で足も短い私には丈があまるあまるあまる。
ウェスト部分で折り曲げたらそこが厚いというか熱い。
仕方がないのですそ上げテープをネットで購入しました。
ちゃんとスカート用の長いやつで色もピッタリでした。
到着したときは嬉しかったけど、いざやるとなったらアイロンとアイロン台を一階から自室のある二階までもってきて・・・
めんどくさいわ!!!
上手くできるかどうかもわからないし。
でもやらないと着用はできないし。
先日、他のロングワンピースを着用して出勤したら、みんなロングスカートで笑えました。

その理由に涙する

24歳年下の旦那さんと離婚を発表した貴理子さん。
脳梗塞を気が付いてくれたのは旦那さんだっていうし感謝しかない、子供が欲しいのは当たり前とおっしゃっていました。
そんなに歳の差がある女性と結婚するのに、今更「自分の子供が欲しい」なんて酷い。
気持ちの問題だから仕方がないかもしれないけど。
不倫騒ぎとか金銭問題とか起こした人ですよね。
そもそも、自分が子供を持てる体質かどうかわからないでしょ。
それなのに男性は奥さんが若くないと子供は出来ないと思っている節が強い。
男性が理由でできないことだってあるのに。
他に好きな人が出来たとか、自分が悪者になってもいいのにさ。
結婚した時にすでに40代後半で子供は難しいってわかっていたのにと思うと涙が出てきました。

スマホで痴漢を撃退

スマホで痴漢を撃退するアプリ、デジポリス。
警視庁が開発しているといのには驚きですね。
「痴漢です。助けて下さい」の画面がスマホに出るので周囲に見せることが出来ます。
タッチすると「やめてください」という女性の声も出る。
自動で音量を最大にしてくれる。
防犯ブザーなどの電子音が鳴り響けば痴漢も離れていくでしょう。
捕まえることはできなくても逃れることは出来るのだから、良いアプリですね。
自宅を登録すると不審者情報などの通知もあります。
有識者から意見を聞いて、今まであったアプリを利用しているなど工夫されています。
ただ不審者情報もよくよく読むと、ただの声かけ事案というのもあってこれぐらいで不審者扱いじゃ世の中大変だなというのもありますよね。

新元号初日のイベント

新元号初日のイベントがいろいろあるようですね。
なんだかみんなうかれ気分というかなんというか・・・。
10連休とか迷惑なものもあるし、嬉しいとか楽しいよりも「めんどうなことになった」というのが一番の感想です。
ブライダル関係はミレニアムという名のイベントが。
午前0時に挙式!!
0時になる手前にバージンロードをゆっくり歩く。
クライマックスともいえる、新婦の父から新郎へのバトンタッチで元号がかわるのを目指しているんだとか。
はっきり言わせていただきます。
ものすごくくだらない!!!
10連休中とはいえ、こんな夜中に挙式されても出席する人からしたらかなり迷惑でしょ
平成最後のカウントダウンをするとか、もう騒ぎたいだけなんじゃないかなと思います。

人間関係は難しいのが普通

人間関係は難しいのが普通!かなぁ。
先輩薬剤師Wさんが外出先から電話をかけてきました。
しかし、一番新しく入った人の名前を憶えていないからまずIさんに電話を替わって欲しいと最初に出た人に言ったんですよ。
その出来事について、WさんはIさに
「内緒にしておいて」と言っていたそうなのに、Iさんはいろんな人に話してましたよ。
新しく入った人と言っても、もう4か月以上たっているのにWさんにも困ったものですね。
ちょっとした笑いは無しですけど、Iさんも人に話すというのがちょっとどうかと思いますよ。
少人数の内輪にだけならともかく、けっこう多くの人に話しているのを目の当たりにすると秘密を守れない人という印象が出来てしまいますね。

『風と共に去りぬ』

『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラは女性があこがれる女性が主人公という物語だと思っていました。
内容については全く知らなかったんです。
先日、テレビを見て途中の内容を知ったときには驚きました。
だって主人公のスカーレットが自分の利益の為にお金持ち?疑惑の妹の婚約者をとるってシーンだったんですからね。
イメージと全然違った!ってなりました。
ミュージカルとかでやっているくらいだから、清く正しい主人公像が勝手に出来上がっていました。
まあ、人間らしいと言えば人間らしいけれど、嫌な女だなという印象です。
あらすじをネット検索したら、やっぱりあきれるものでした。
人間味があるとしても疲れそうな物語だなというのがあらたな印象です。

日本人は9割りが「こたつが好き」

とあるアンケートに答えた日本人は9割りが「こたつが好き」と答えたようです。
私はこたつは好きではありません。
だって掃除をするのに邪魔だから!
なんてことを言うと綺麗好きで掃除ばかりしていると思われるかもしれませんがそんなことはありません。
そもそもフローリングなのでカーペットすら嫌いです。
実家のリビングにはこたつがありますけど、入りませんね。
あとひとさまのお宅にあるこたつに入るのにも拒否感があります。
人のベッドに入るのは嫌ですよね?
それと同じように感じるからこたつも嫌ですよ。
入っていいよと言われても、いや、入りたくないから!
そんなことは言えませんけど。(笑)
もしこたつが欲しい人と一緒に暮らした場合は仕方がないから使ってもいいですよ!

空き家のゴミ屋敷問題

空き家のゴミ屋敷問題、という報道を見ました。
撤去して欲しくても誰に相談すればいいのかわからないし近隣住民はなにもできない
のに悪臭被害とか嫌ですね。
身寄りのない高齢者男性が住んでいたが亡くなったケースでご近所付き合いをしていないので誰も関わりあっていない。
市役所は敷地内に入ることもできないしゴミかそうでないかは判断つかない。
ゴミ屋敷条例や空き家条例もあるのに対応できないのは何故か?
所有者や管理者をみつけることをしないとできない。
弁護士が必要だが依頼の負担をしなければならない。
空き家認定には一年かかるので死亡確認が8月で来年の8月まで我慢しなければならない。
死んだあとも迷惑をかける人がいるんですね。

地面師グループを逮捕

地面師グループを逮捕
ちょっと前に報道されていた事件ですね。
前に取引をしていた会社は
セキスイハイムが、なんであんなのにひっかかったんだろうって言っていましたよ。
騙されただけではなくて、そんなことを言われちゃうって大企業として恥ずかしいな思いました。
60億円をだましとられて55億円が収不能ってものすごい損失ですね。
本当の所有者から売買契約はしていないと内容証明が4回もきたのに怪文書として相手にしなかったというのもお粗末ですね。
所有者の確認をするべきと弁護士に言われていたのにしなかったとか信じられません。
何度も詐欺に気が付くチャンスがあったのにそれをスルーしてしまう危機管理の甘さが露呈していますね。
古典的な詐欺ほどひっかかるものだとしてもイメージが悪いです。