日本人の役7割が・・・

人間は海藻類を分解できないそうですよ。
分解できないのに食べているって不思議ですねぇ。
わかめや昆布はダイエット食になるともてはやされていますよね。
日本人の役7割が海藻類を分解する腸内細菌を持っていることがわかったんだそうですよ。
あとは海藻がカロリー0とは言えないことが最近わかりました。
ええ?!そんな!って言っちゃいました。(笑)
それでも低カロリーではあるのでダイエット食として悪いことはないみたいdせうね。
なんにでも多少はカロリーはあるものとして、カロリーがないと思いこんではいけないってことですね。
そりゃそうですよ。
カロリーゼロ商品だってそうなんですからね。
摂取するものに関しては自分自身で確認するべきですね。

薬剤師の求人

薬剤師の求人と考えると、主に、調剤薬局をはじめとして、ドラッグストア等が思い浮かびますが、こうした場所における薬剤師の求人募集は、多いと言えるでしょう。
要するに、薬局や調剤薬局では、常に薬剤師を募集している傾向にあるといえます。

もちろん、この背景には、医薬分業の急速な普及に伴い、今のところ薬剤師が不足しているから、という事が考えられます。
ですが、求人の増加とは逆に、薬剤師における転職は、非常に慎重になっている傾向であると言います。

薬剤師の求人を全国的に見た場合、調剤または、ドラッグストアにおける薬剤師への採用意欲はもちろん『旺盛』とはいえるものの、都内における薬剤師の存在というのは、充足しており、余っているところも実際存在し、中には、リストラに合う薬剤師も存在し、又は、失業に至る薬剤師もいる事から、薬剤師人口が多い地域では、当然、薬剤師が余っている状況であるという事実はあります。

しかし、全国的な見解から言うと、薬剤師自体の存在が充足しているか、不足しているかと考えた場合、実際は、今のところ不足しているということになります。
そのため、薬剤師人口が過剰、充足している以外の地域では、薬剤師が不足し、募集、採用における採用者側の意欲も旺盛であるという事になります。

しかも、今まで薬科大学等が存在しない地域、もしくは少ない地域は、薬剤師の求人を探すこと自体が容易で、苦労しない傾向にあると言います。
ここで、薬剤師が、どんな場所へ就職するか?というと、やはり全国でおよそ10万人以上の薬剤師が薬局で働いており、年間およそ5000人のペースで増加傾向にあるという事から、薬剤師人口のうち、およそ半数近くが、薬局で働いているというデータもある事から、薬剤師における薬局とは、最大の受け入れ業種であるとも言えるのです。

しかしながら、主要都市における薬剤師の求人は、やはり年々、厳しくなっている状況で、東京をはじめ、大阪などは、薬剤師求人の傾向として、薬局及びドラッグストアが中心となり、待遇のよい求人、または社風の良い求人が非常に少なくなっています。
また、都内における薬剤師の現状は、失業時代とも言われ、リストラを余儀なくされる方も多い事から、薬剤師が飽和状態に陥る、失業時代が到来する等という話は、『これから』ではなく、すでに「はじまっている」ということがいえるのです。

しかしながら、これは薬剤師の人口が集中している地域による問題となり、実際地方では、薬剤師の存在が不足しているというバランスの悪さがあるのです。まあ薬剤師の正社員向けの求人情報を比較したい場合はこちらをご参考下さい。求人サイトの比較も含めて総合的にまとめられたサイトです。