コレステロールや脂肪

コレステロールや脂肪でできるプラーク
胸や背中、アゴなのに非常に激しい痛みがある心筋梗塞。
しかし糖尿病が長い人は神経がにぶって痛みがわからない患者さんがある。
心臓が鍛えられていれば毛細血管が発達している人は冠動脈が詰まっていても大丈夫
一番多いのは働き盛りの男性で、メタボリック症候群や角のダイエットやストレスで心臓に負担をかける人がなる
プラークを放置していると石灰化してしまう。
今はトンネルをほるようにその石灰化したプラークを削る方法があります。
ロータブレーター
2MMに2千個のダイヤモンドのドリルがついている
生卵を削ってみると外の殻だけけずれるというすぐれたものです。
心臓の手術なのにカテーテルだと患者さんと話しをしながらロータブレーターで処理できる。
そして30分で終了して自分で立ち上がることができる患者さん。
二日後には歩いて退院していきました。
カテーテル手術という医学の進歩はすごいですよね。