大動脈りゅうとコブ

大動脈りゅうはテレビで取り上げられることが多くなっていつの間にかポピュラーな病になってしまいましたね。
声を出す神経が大動脈に集まっているのでこぶができて神経を圧迫することがあります。
お腹のコブの場合は表面からわかるので触っただけで発見できる。
コブができたところに人工血管とを入れ替える手術をする。
しかし高齢だったり心臓が弱かったりする人には簡単に手術はできない。
その場合は新型のステントグラフとを入れる。
足の付け根などから細く折りたたんだステントグラフトを入れて、問題の箇所で展開させる。
大動脈の中で広がってコブへ血液が流れるのを防ぐことができる。
動脈りゅうはしぼむので開腹手術が出来ない人には適している。
来月に同僚薬剤師さんの父親が手術を受けるので、改めて勉強してみました。