夏の人気者

今年のコミケはゴージャスな姉妹が参加したことにより、いろんな報道を見ましたよ。
しかし、徹夜は禁止だって言われているのに数万人が会場付近にいるなんて困ったものですね。
徹夜が出来る環境の人の方が得するのはよくないと思います。
スタッフが案内をしているとかすでに暗黙の了解になっているんでしょうね。
始発にあわせて大ダッシュをする大人の見苦しさといったら正直ちょっとひきましたね。
その他、最近話題のおっさんのような鳴き声をする手長サルに人だかりがあるようです。
その映像を見ただけで笑えますけど生で見たいとは思わないなぁ。
だってかわいいわけでもないし、どのテレビ局もこぞって放送しているから何度も見ていますしね。

シフト自由・残業なし・激務でない登録販売者の求人

営業時間にもよるがシフトの自由は、何よりの魅力

まず登録販売者のアルバイト求人において、大々的にアピールされている「シフト自由」の文字。登録販売者不足の状況から抜け出せない企業が多い中、少しでも多くの登録販売者を確保する対策の一つとも考えられがちですが、実際ほとんどの企業が毎週や2週間毎のシフト提出を採用しており、急な私用にも十分対応できるようになっています。これらの待遇は育児中の方にとって特に好都合で、子供の行事等にも参加しつつ、働きたい時だけしっかり働けるというもの。これらのことからスケジュール管理の難しいダブルワークもし易く、自分のワーキングスタイルを確立することができるのです。

では正社員はどうなのかという点ですが、こちらも同様、月のおおよその勤務時間は決まっていますが、年中無休の営業形態が多いことから、好きな日程で休暇を取ることができます。これはシフト管理を任されることが多いことによるもので、正社員の場合、休暇日を自分で調整することが可能となっています。

基本的に残業はなし、もちろん残業手当も完備

 アルバイト形態での就業において、基本的に残業はありません。また仮に人員不足で数時間多く働いて欲しいとなった場合も、確実に残業手当が支給されるので、心配はご無用。しかしながらそういった残業を頼まれるケースは珍しく基本的に定時で帰宅することができます。これは営業時間などによっても左右してきますが、しっかりと店舗内での1日のスケジューリングが出来ていれば、まず残業する必要性が出てきません。また正社員に関しては、店舗の人員不足等を第一優先でカバーする立場にあたる為、欠員などの際は残業が発生することもありますが、基本的には決められた労働時間のみの稼働となっています。

いつまででも続けられる登録販売者の仕事

 登録販売者の仕事の大きなメリットの一つとして挙げられるのが、「激務でない」ということ。力仕事や勤務時間の大きな変動等がない分、体力消耗も少なく、年齢などを気にせず仕事を続けていくことができます。特に登録販売者に至っては仕事の特性上、店舗内でもレジ近辺で勤務することが多く、商品の運搬等はあまり任されません。勤務時間も毎日だいたい同じようなスケジュールになる為、体調管理もしやすく、臨機応変にシフトスケジュールも変更できます。これらのことを考慮したうえで、登録販売者の仕事は年齢や性別関係なく、長いスパンで続けていける仕事になっています。

ブランクも問題ないため、辞めた後も安心

 もし仮に私用で登録販売者の仕事を辞めざるを得ないとなった場合も将来的に仕事復帰することは容易です。この際に登録販売者としての実務経験の期間等を尋ねられる場合もありますが、登録販売者として以前働いたことのある経験者はどの企業でも一般的に優遇されるため転職も楽々。ブランクに怯える必要がないので、一時的に仕事を離れるとなった場合も心配する必要はありません。

ちなみに葬儀屋の年収を見たいならこちらのページです。