『風と共に去りぬ』

『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラは女性があこがれる女性が主人公という物語だと思っていました。
内容については全く知らなかったんです。
先日、テレビを見て途中の内容を知ったときには驚きました。
だって主人公のスカーレットが自分の利益の為にお金持ち?疑惑の妹の婚約者をとるってシーンだったんですからね。
イメージと全然違った!ってなりました。
ミュージカルとかでやっているくらいだから、清く正しい主人公像が勝手に出来上がっていました。
まあ、人間らしいと言えば人間らしいけれど、嫌な女だなという印象です。
あらすじをネット検索したら、やっぱりあきれるものでした。
人間味があるとしても疲れそうな物語だなというのがあらたな印象です。