抵抗する片鱗があれば撃つ

日本の警察官が銃を発砲することがニュースになる日本。
日本に拳銃なんてそうそうないだろうと思いますけど、凶器があれば撃つという選択肢だって必要です。
海外じゃ、抵抗する片鱗があれば撃つのが常識みたいだし、そんなニュースはいらないと思います。
威嚇をする必要があるのも甘すぎるでしょう。
まあ、銃があるのが当たり前であれば警察官だって緊張感が違うでしょう。
危険な兆候であれば発砲しないと取り締まる方の命も危ういでしょうからね。
発砲する前に空に向かって撃つとか、そんなアホなことをしていたら海外だったらそのすきに撃たれて死にそうです。
国も法律も違うのだから仕方がないけれど、平和ボケしているような気もしてしまいます。

コメントは受け付けていません。