一日実りの無い日

寝ることは比較的好きだし、歳を取ってから眠りが深くなったのか夜中に何度も起きることはなくなりました。
それでも就寝時間が近づいてくるとちょっと気持ちがナーバスになります。
睡眠は大切なので眠くなったら寝ます。
何かに夢中になっていて、睡眠をけずるなんてことはおそらく一生ないでしょうね。
一日の終わりには、今日も一日実りの無い日だったと感じてしまいます。
いやいやいや。それでも私を含めて私の大切な人が無事に過ごす事ができてそれは感謝していますよ。
でも、やっぱり今日の自分はなにをやっていたんだろうと反省をしてしまいますよ。
なんでいつもと同じなんだろうと。
同じことが幸せでもあり、有難いとも思っているけれどむさしさが勝ちます。